ポリラボ ~多言語学習研究所~

英語とフランス語、ときどきイタリア語・スペイン語・ドイツ語

【英語】英文法実践問題 199

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今日は、英文法実践問題199を見ていきたいと思います。

You Tubeでご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓

 

www.youtube.com

 

では、早速今回の問題を見ていきましょう!

 

第1問

❨      ❩ in Japan is as high as Mt. Fuji.

1. No other mountain
2. Any other mountain
3. No other mountains
4. Any other mountains

 

 

 

第2問

The lawyer says more evidence ❨   ❩ the accident is needed before the trial is kicked off.

1. concern
2. concerning
3. to be concerned
4. concerned

 

 

 

 

第3問

The national soccer team consists of very popular players, some of ❨    ❩ play overseas.

1. which
2. that
3. whom
4. them

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜・〜・〜 Thinking Time 〜・〜・〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか
それでは解答を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

第1問

解答  1. No other mountain

No other mountain  ❩ in Japan is as high as Mt. Fuji.

富士山は日本で最も高い山です

 

no other 単数名詞 is as 原級 as Aで「Aほど~なものはない、Aが最も~だ」という最上級の意味になります。

なお、本問の問題文は以下のようにも書き換えることができます

=Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.
=Mt. Fuji is higher than any other mountain in Japan.
=No other mountain in Japan is higher than Mt. Fuji

 

 

 

 

第2問

解答   2. concerning

The lawyer says more evidence ❨ concerning ❩ the accident is needed before the trial is kicked off.

弁護士は裁判が始まる前にその事故に関する証拠がもっと必要だと言っている

 

concerningは前置詞で「~に関する、~についての」という意味になります。

 

 

 

 

第3問

解答  3. whom

The national soccer team consists of very popular players, some of ❨ whom ❩ play overseas.

サッカーの代表チームはとても人気の選手たちで構成されていて、そのうちの何人かは海外でプレーしています。

 

関係代名詞の問題です。
元々は、
The national soccer team consists of very popular players
Some of ❨ them ❩ play overseas.
という2つの文だったものを1つにまとめたと考えます。

このとき、themは=the popular playersで、ofの後ろに関係詞が入ることから、「先行詞が人である目的格の関係代名詞」が必要だとわかります。
関係代名詞thatは「前置詞+that」という形に出来ないことからwhomが正解になります。

 

 

 

 

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

 

YouTubeのほうでは、ブログよりも先に新しい問題を投稿しています。

Youtubeで解いて、ブログで復習、という形で取り組むことをおススメしています。

Youtubeのほうは、下記からチャンネル登録をしておくと便利です!

www.youtube.com

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD付き オールカラー超入門!書いて覚えるフランス語ドリル [ 白川理恵 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/10/27時点)

楽天で購入

 

 

 

【英語】英文法実践問題 198

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今日は、英文法実践問題198を見ていきたいと思います。

You Tubeでご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓

 

www.youtube.com

 

では、早速今回の問題を見ていきましょう!

 

第1問

A : There is a bench over there !
B : You ❨  ❩ sit on it. The signboard says “Wet Paint”.

1. shall
2. must
3. don't have to
4. mustn't

 

 

 

 

第2問

❨    ❩ my surprise, my uncle was elected mayor of my city.

1. In
2. On
3. To
4. With

 

 

 

 

第3問

This is the ❨ ❩ best movie I've ever watched.

1. much
2. really
3. very
4. by far

 

 

 

 

 

〜・〜・〜 Thinking Time 〜・〜・〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか
それでは解答を見ていきましょう!

 

 

 

 

第1問

解答 4. mustn't 

A : There is a bench over there !
B : You ❨   mustn't   ❩ sit on it. The signboard says “Wet Paint”.

A : あそこにベンチがあるよ!
B : それに座ってはダメ。看板に「ペンキ塗りたて」と書いてあるよ

 

must「~しなければならない」という意味ですが、否定形のmustn't「~してはいけない」という禁止の意味になります。
また、have to 「~しなければならない」という意味ですが、否定形のdon't have to 「~しなくてもよい」という意味になりますので注意してください。

 

 

 

 

第2問

解答  3. To

❨ To   ❩ my surprise, my uncle was elected mayor of my city.

驚いたことに、叔父が私の住んでいる街の市長に選ばれた

 

to one's surpriseで「驚いたことに」という意味になります。

 

 

 

 

 

第3問

解答  3. very

This is the ❨ very ❩ best movie I've ever watched.

これはまさしく私が今まで見た映画の中で最も良かった映画です

 

空欄の後にあるbestという最上級を強調する表現を選ぶ問題です。
空所の前にtheがあるのでthe very 最上級 (most型を除く):本当に、確かに、まさしくという表現が入ると考えられます。
なお、muchと(by) farも最上級を強調できますが、theの後ろに入れることは出来ないので不正解になります。

 

 

 

 

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

 

YouTubeのほうでは、ブログよりも先に新しい問題を投稿しています。

Youtubeで解いて、ブログで復習、という形で取り組むことをおススメしています。

Youtubeのほうは、下記からチャンネル登録をしておくと便利です!

www.youtube.com

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【英語】英文法実践問題 197

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今日は、英文法実践問題197を見ていきたいと思います。

You Tubeでご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓

 

www.youtube.com

 

では、早速今回の問題を見ていきましょう!

 

第1問

He was very sad because his salary was cut ❨  ❩ 20% due to a depression.

1. in
2. on
3. by
4. with

 

 

 

 

第2問

❨  ❩ is no telling when the next earthquake will happen.

1. Here
2. There 
3. This
4. That

 

 

 

 

 

第3問

My sister works as a guide, so she ❨  ❩ in public.

1. used to speak
2. is used to speak
3. used to speaking
4. is used to speaking

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜・〜・〜 Thinking Time 〜・〜・〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか
それでは解答を見ていきましょう!

 

 

第1問

解答  3. by

He was very sad because his salary was cut ❨ by ❩ 20% due to a depression.

彼は不況のせいで給料が20%減らされたためにとても悲しんでいた

 

byには「~だけ、~の差で」という意味があります。

他の例としては

He is younger than his cousin by 2 years.

=He is 2 years younger than his cousin.

彼はいとこよりも2歳若い

 

 

 

第2問

解答 2. There 

❨ There ❩ is no telling when the next earthquake will happen.

次の地震がいつ起きるのか言うことはできない

 

There is no doing で「~することができない」という意味になります

 

 

 

 

 

第3問

解答  4. is used to speaking

My sister works as a guide, so she ❨ is used to speaking ❩ in public.

私の姉はガイドとして働いているので、人前で話すことに慣れている

 

be used to doingで「~することに慣れている」という意味になります。
このときのtoは前置詞なので、後ろくる動詞は動名詞(doing)でなくてはなりません。
似た形のused to doは「昔はよく~したものだ」という意味で、toの後ろは動詞の原形ですのでしっかり区別して覚えることが必要です。

 

 

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

 

YouTubeのほうでは、ブログよりも先に新しい問題を投稿しています。

Youtubeで解いて、ブログで復習、という形で取り組むことをおススメしています。

Youtubeのほうは、下記からチャンネル登録をしておくと便利です!

www.youtube.com

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

【英語】英文法実践問題 196

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今日は、英文法実践問題196を見ていきたいと思います。

You Tubeでご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓

 youtu.be

 

 

では、早速今回の問題を見ていきましょう!

 

第1問

I like rice better than bread, but my sister prefers bread ❨  ❩ rice.

1. than
2. from
3. to
4. over
 
 
 
 
 
第2問
I can't speak English fluently, but I can usually make myself ❨   ❩ in English while traveling abroad.
1. understand
2. understanding
3. understood
4. to understanding
 
 
 
 
 
 
 
 
第3問
It was not ❨   ❩ the concert was half over that we arrived at the hall.
1. until
2. but
3. if
4. while
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〜・〜・〜 Thinking Time 〜・〜・〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか
それでは解答を見ていきましょう!

 

 

第1問

解答  3. to

I like rice better than bread, but my sister prefers bread ❨ to  ❩ rice.

私はパンよりも米が好きですが、姉は米よりもパンが好きです
 
prefer A to Bで「BよりもAが好き」となります。
prefer A to B = like A better than Bと覚えておくと便利です。
 
 
 
 
第2問
解答 3. understood
I can't speak English fluently, but I can usually make myself ❨ understood ❩ in English while traveling abroad.
私は英語を流暢に話すことはできないが、海外旅行中はたいてい、英語で自分の言いたいことをわかってもらえます。
 
make oneself understoodで「自分の言いたいことをわかってもらうという意味になります。
この、make oneself 過去分詞の形としてもう一つ有名なのが、make oneself heardで「自分の声を相手に届かせる」というものになります。
He spoke loudly to make himself heard.
かれは自分の声が聞こえるように大声で話した
 
 
 
 
第3問
解答  1. until
It was not ❨ until ❩ the concert was half over that we arrived at the hall.
コンサートが半分終わったときにようやく私たちはホールに着いた
 
It was not until ~ that …で「~して初めて…した」という意味になります。
 
 
 

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

 

YouTubeのほうでは、ブログよりも先に新しい問題を投稿しています。

Youtubeで解いて、ブログで復習、という形で取り組むことをおススメしています。

Youtubeのほうは、下記からチャンネル登録をしておくと便利です!

www.youtube.com

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 
 
 

【英語】英文法実践問題 195

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今日は、英文法実践問題195を見ていきたいと思います。

You Tubeでご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓

 

 

 

www.youtube.com

 

では、早速今回の問題を見ていきましょう!

 

第1問

My father was busy (       ) the garden this morning.

1. to weed
2. weeding
3. weed
4. to weeding 

 

 

 

第2問

When I came home, I found my children were ❨     ❩ asleep on their bed. 

1. well
2. sound 
3. deep
4. wide

 

 

 

 

第3問

❨    ❩ that you went after school yesterday?

1. Where it was
2. Where was it 
3. Was it where 
4. It was where 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜・〜・〜 Thinking Time 〜・〜・〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか
それでは解答を見ていきましょう!

 

第1問

解答  2.weeding

My father was busy (  weeding  ) the garden this morning.

今朝、私の父は庭の草むしりをしていて忙しかった

 

be busy (in) doing で「~するので忙しい」という意味になります。

なお、後ろに名詞が続くときは be busy with / at / about~、などとします。

例)

She is busy with her homework. 

彼女は宿題で忙しい

 

 

 

第2問

解答   2. sound

When I came home, I found my children were ❨ sound ❩ asleep on their bed. 

家に帰ると、子供たちはベッドでぐっすりと眠っていた

 

sound asleep で「ぐっすりと」という意味になります。
be動詞、もしくはfallをともない、be sound asleep:ぐっすり眠っている、fall sound asleep:ぐっすりと眠りこむのように使います。

 

 

 

 

第3問

解答   2. Where was it 

Where was it ❩ that you went after school yesterday?

昨日の放課後、いったいどこに行っていたの?

 

It is ~ that …の強調構文の問題です。

本問は、強調構文でwhereが強調された形になっています。
強調をしていない形から考えていくと、
1. Where did you go after school yesterday?

2. It was where that you went after school yesterday.
(whereをit is ~ thatの位置に置き、残りを肯定文の語順に直す[did you go→you went])

3. Where was it that you went after school yesterday?

(疑問詞Whereは文頭に移動し、was it と倒置する)

となります。

 

 

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

 

YouTubeのほうでは、ブログよりも先に新しい問題を投稿しています。

Youtubeで解いて、ブログで復習、という形で取り組むことをおススメしています。

Youtubeのほうは、下記からチャンネル登録をしておくと便利です!

www.youtube.com

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

【英語】英文法実践問題 194

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今日は、英文法実践問題194を見ていきたいと思います。

You Tubeでご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓

 

www.youtube.com

 

では、早速今回の問題を見ていきましょう!

 

第1問

When you make a speech, you should speak in a (       ) voice so that everyone can hear you.

1. loud

2. loudly

3. loudness

4. more loudly

 

 

 

 

第2問

I'm sure this book gives you (       ) about education.

1. a lot of information
2. many informations
3. much informations
4. many information

 

 

 

 

第3問

Judy has been in the hospital for three weeks, so you (      ) her walking in the park yesterday.

1. must see
2. must have seen
3. can't see
4. cannot have seen

 

 

 

 

 

 

 

〜・〜・〜 Thinking Time 〜・〜・〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか
それでは解答を見ていきましょう!

 

第1問

解答  1. loud

When you make a speech, you should speak in a ( loud ) voice so that everyone can hear you.

スピーチをするときは、あなたの声が皆に聞こえるように大きな声で話すべきです

 


空欄の前に冠詞のa、そして空欄の後ろにはvoiceという名詞がありますので、空欄には形容詞が入るとわかります。
選択肢の中で形容詞はloud(声・音が)大きい」しかありませんので、これが正解になります。
loudlyは「大声で」という意味の副詞です。more loudlyはその比較級(より大きな声で)になります。
また、loudnessは「大声」という名詞ですのでどれも不正解になります。

 

 

 

 

 

 

第2問

解答   1. a lot of information

I'm sure this book gives you (  a lot of information  ) about education.

この本を読めば、教育に関するたくさんの情報を得ることができると思います

 

 

informaionは不可算名詞なので、複数形(informations)は存在しません
そのため、「たくさんの情報」というときにはmuch informationa lot of informationという2つの形になります。

informationのような不可算名詞の問題でよく出る単語としては、

furniture:家具

advice:アドバイス、助言

なども一緒に覚えておくと良いと思います。

 

 

 

 

 

第3問

解答4. cannot have seen

Judy has been in the hospital for three weeks, so you (  cannot have seen  ) her walking in the park yesterday.

ジュディは3週間前から入院しているよ、だから君が昨日公園で彼女が散歩するのを見たはずがない

 

cannot have 過去分詞で「~したはずがない」という意味になり、過去の事柄についての可能性を否定する表現になります。
must have 過去分詞は「~したに違いない」という意味になります。

ちなみに、

should have 過去分詞:~すべきだったのに(しなかった)

(=ought to have 過去分詞)

shouldn't have 過去分詞:~すべてきではなかったのに(してしまった)

(=ought not to have 過去分詞)

というのも大切ですのであわせて覚えておきましょう!

 

 

 

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

 

YouTubeのほうでは、ブログよりも先に新しい問題を投稿しています。

Youtubeで解いて、ブログで復習、という形で取り組むことをおススメしています。

Youtubeのほうは、下記からチャンネル登録をしておくと便利です!

www.youtube.com

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

 

 

【フランス語】仏検準1級対策の動画をアップしました

こんにちは!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

本日は、『仏検準1級 合格への戦略~前編~』という動画をYouTubeにアップしましたので、この動画について少し書いていきたいと思います。

 

まだ動画を見ていない方は、先にこちらを見てみてくださいね

www.youtube.com

 

 

 

この動画内では、仏検準1級に受かるための戦略として2つの大切なこと(〇〇力と〇述〇)に触れています。

今回、各大問の解き方ではなく(これは後編で詳しく解説)、この2つのことに触れたのには理由があります。

 

2級までの試験については、正直なところ、フランス語を【まじめに】学習していれば合格できます。

【まじめに】と言ったのにはわけがあります。

フランス語検定はいわずもがな「試験」です。

試験であるがゆえに、その対策が必要になります。

多くの人は試験対策として、問題集を買って、それをまじめにこつこつ進めていくでしょう。

基本的にはこれで合格できるはずですが、準1級からはこれで合格できない人が続出してしまいます。

 

それはなぜか?

 

合格できない人の多くは、合格に必要な学習とは違ったベクトルで勉強していることが多いからです。

 

 

例えば、皆さん、明日単語テストがあるとして、そのテストは「フランス語を日本語に直すテスト」だと言われたら、フランス語を見て日本語を言えるようにしますよね?

逆に、「日本語をフランス語に直すテスト」なら、日本語をみてフランス語に直す練習をするのが普通です。

 

では、その単語テストが、「フランス語を日本語にするのが3割(30点)、日本語をフランス語にするのが7割(70点)出る」となったとき、どのような勉強をしますか?

おそらく、ほとんどの方は日本語をフランス語にする練習、つまり7割(70点)をとる練習をすると思うんです。

これは、逆のことをしても3割(30点)しか取れるようにならない、からですよね?

 

では、この考えを仏検準1級筆記試験(以下、「準1級」)に当てはめてみます。

準1級は大問が8つあります。

このうち、「点数が取りやすいもの・取りにくいもの」「配点が高いもの・低いもの」という分け方をしたときに、前半にある【名詞化】【前置詞】【多義語】というのは非常に点数が取りにくく、配点もそこまで高くありません。

もちろん、これらが出来なくてもいい、というわけではない、ということを先に言っておきますね。

 

準1級では、これらの問題が試験の最初に並んでいます。

そうすると、問題集の作りとしてもこれらが最初に来ます。

さて、このとき、皆さんなら「どこから」問題集を勉強しますか?

たいていの人は「最初から」問題集を解きますよね?

そうなると、点数が取りにくく、配点も高くない分野の勉強に、限られた大切な時間を当てることになってしまいます

 

つまり、合格するための学習の効率化を図る場合、必要なのは何を学習すれば合格点を超える可能性がもっとも高くなるのか、ということです。

 

前置詞・多義語の問題は各5点ずつの問題になっています。

それなのに、準1級のこれらの問題は範囲の指定がなく、勉強をいくらしても終わりはありません。

 

ここまで書いてくればもうお分かりかと思います。

 

これが試験ではなく、単にフランス語学習として前置詞や多義語を学習するのであれば、何も言うことはありません。

 

しかし、仏検を受ける場合、合格することを目標にしているのならば、合格するための優先度を考えて学習する必要があります。

今回の動画では、この優先度が最も高いものを紹介し、それを合格への戦略と銘打ったのです。

 

 

ということで、今回の動画を作った理由がお判りいただけましたでしょうか。

 

僕はフランス語以外にも語学検定を受けていますが、受けるからには合格したいと思っていつもこのような戦略を立てています。

 

ただシンプルに語学力をつけるための学習なのか、それとも検定試験で合格するための学習なのかをしっかり区別したうえでやるべきことを決めることが重要だ、ということを書いて今日の記事は終わりにしたいと思います。

 

それでは、これからこの動画の後編、つまり各大問ごとの解き方についての動画を作ろうと思います!

完成しましたら、ぜひこちらもご視聴ください!

まだチャンネル登録をされていない方は、この機会にぜひ、よろしくお願い致します!