ポリラボ ~多言語学習研究所~

英語とフランス語、ときどきイタリア語・スペイン語・ドイツ語

【フランス語】過去分詞の性数一致には注意!【仏検3級~】

こんにちは!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今日は、タイトルにもあるように、過去分詞の性数一致について考えていきたいと思います。

この過去分詞の性数一致については仏検でも頻出事項ですので、今日の記事でしっかりと覚えていただければ幸いです。

 

 

1.複合過去(être+過去分詞)

 

êtreを助動詞にとる動詞の場合、過去分詞は主語の性・数に一致します

 

êtreを助動詞にとる動詞の例

aller

venir

sortir (「外出する」の意)

partir

arriver

entrer

descendre

monter

rentrer

rester

retourner (「帰る、戻る」の意)

tomber

mourir

naître

devenir

 

Elle est allée a l'école. (Elleに一致)

彼女は学校に行った

 

Nous sommes resté(e)s à la maison toute la journée. (Nousに一致)

*Nous に含まれるのがすべて女性の時はrestées、男性が含まれるときはrestés

私たちは一日中家にいた

 

Ils sont venus à 6 h. (Ilsに一致)

彼らは6時に来た

 

 

 

2.代名動詞の過去形

 

代名動詞とは再帰代名詞(me,te,se,nous,vous)+動詞で出来ているもので、有名なものとしては、以下のようなものがあります。

se lever

se laver

se réveiller

など

 

僕が作った代名動詞10選の動画を置いておきますので、他のものについてはぜひこちらで確認してみてください

 

www.youtube.com

 

代名動詞の過去形は助動詞にêtreを使いますので、1と同じように過去分詞の性数一致を考える必要が出てきますが、注意が必要です。

 

例えば、

Elle se lève à 7h. 彼女は7時に起きる

という文を複合過去にすると、

 

Elle s'est levée à 7h. 彼女は7時に起きた

となり、主語のElleに性数一致してlevéeとなります。

 

次の文を複合過去にするとどうでしょうか?

Elle se lave les doigts. 彼女は指を洗う

 

先ほどの例のように直そうとすると

Elle s'est lavée les doigts.

となりますが、これは間違いになります

 

正解は、

Elle s'est lavé les doigts. 彼女は指を洗った

となります。

この場合、se laverの後ろにはles doigtsという直接目的語が来ていて、seは間接目的語になっています。

このように、後ろに直接目的語を取る場合には、主語との性数一致はおきません

 

 

3.直接目的語の代名詞が過去分詞より前に来る場合

 

まずは次の文を見てください

J'ai acheté la voiture. 私はその車を買った

 

この文のla voiture を代名詞laで受けた場合、文はどうなるでしょうか?

 

答えは、

 

Je l'ai achetée. 私はそれ(=その車)を買った

*注意:l'=la

 

となります。

 

このように、目的語が代名詞となって前に来る場合、過去分詞はその代名詞に合わせて性数一致をします

 

 

4.関係代名詞の目的格

 

まずは次の文を見てください

 

C'est le livre que j'ai lu hier. これは私が昨日読んだ本です

 

これは

C'est le livre. これがその本です

J'ai lu ce livre hier. 私はこの本を昨日読んだ

という2つの文を関係代名詞queでつなげた文です。

 

このとき、2つ目の文の直接目的語であるce livreが関係代名詞となっています

 

では、この文のle livreをla revueに変えてみましょう。

 

C'est la revue que j'ai lue hier. これは私が昨日読んだ雑誌です

 

このとき、過去分詞がlueというようにeがついているのに気が付くと思います

 

これは上のように

C'est la revue. これがその雑誌です

J'ai lu cette revue hier. 私はこの雑誌を昨日読んだ

という2つの文を関係代名詞queでつなげたものになります

 

このように、目的格の関係代名詞queを使った場合、過去分詞は先行詞の名詞に性数一致します

今回はla revueという女性単数名詞なのでlueとなっています。

 

 

 

ではここまでの復習として、本日Twitterで出した問題を見ていきたいと思います

 

 

 

 

1番の答えは

 

Elle s'est ( levée ) à 6h.

 

後ろに直接目的語がありませんから、主語のElleに性数一致します

 

2番の答えは

 

Elle s'est ( lavé ) les mains. 

 

後ろにles mainsという直接目的語がありますので性数一致はおきません

 

3番の答えは

 

A : Où est-ce que tu as rencontré les parents de Pierre?
B : Je les ai ( rencontrés ) à la gare. 

 

les = les parents (男性名詞の複数)に性数一致するので、過去分詞にはsがつきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

過去分詞の性数一致について、文法問題としてよく出るのは【3級】ですが、それ以上の級になると【ディクテ(書き取り試験)】を始めとする記述問題で頻繁に問われます。

日ごろから過去分詞の性数一致を意識していれば、習慣化できますので、慣れるまでは注意して読み書きしてみてくださいね。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

YouTubeやってます】

フランス語楽習チャンネルChouette

 

www.youtube.com

 

英文法チャンネルUpward

 

www.youtube.com

 

 

どちらもチャンネル登録にご協力いただけると嬉しいです!